家づくりを始めようとする人の中で時折自主考案の間取りを頭の中に持っている人もいるのですが…。

資料を送ってもらうためにも申込者の氏名や送付先住所の通知は必須事項ですが、連絡先として電話番号や年収の記入が必要なケースがあり、入力がないと資料請求させないこともあります。
情報入力画面の備考欄・その他の欄に「電話・訪問などのダイレクトな営業は今は必要ありませんのでお控え願います。」と書いて不要の意思を示しておくと、きちんと考えてくれるメーカー担当者は営業無しで資料のみ届けてくれます。
しかしユーザーの期待の裏で、どのハウスメーカーのカタログといえど、案外明確な費用プランや1坪あたりの単価といった点についてはそれほど紹介されていない不明確な事例も常態化しているようです。
顧客への対応が丁寧なハウスメーカーともなると、心がこもった手書きのセールスメッセージを併せて送る場合もあるので、そういった姿勢でその会社の担当者の人柄や姿勢を知ることが出来ます。
書店でわざわざハウスマガジンを購入して情報の足しにするよりも、会社ごとに特化したカタログには水回りやその他設備のアピールポイントが写真や文章による解説付きでレイアウトされています。

請求者に提供される参考資料の中でキーアイテムと言えるほど欠かせないのが、実際のケースでその会社が手掛けた家を詳しく確認できる施工案件の事例集です。
特に印象に残った住宅メーカーがあったり、飛び込んでみたいユーザー参加型イベントや実際の家のイメージが欲しい建築サンプル、そのメーカーの家を一度に見られる展示場がある方にはぜひ使って欲しいサービスです。
家づくりを始める際、8割近い人がカタログを見て会社選びの判断に活かしたという統計結果があるほど、カタログを見ることが常識化している形であるとも言えるでしょう。
間取りの参考図や概算の見積り費用を求める際は、ある程度詳細な間取りや予算金額の要望事項を詳細に伝えることが必要ですので手を抜かず足元を固めておきましょう。
一般論で部屋の間取りや料金相談を申し出る時の効率的なやり方は、おおよそ3社に目処をつけて相談することを考えろというアドバイスをよく聞きます。

資料請求の次の段階で実際に相談するお気に入り候補を5社残るようふるいにかけることが必須になるので、費用プランの価格帯やデザインセンス、スタッフの接客姿勢などの消去法的な考え方で絞り込みましょう。
なお、見積もりサービスがあるサイトを使っても必要資料の一式がバッチリゲット出来ちゃうというわけでもありません。会社によって対応可能な資料は異なります。
有名ではない住宅メーカーやローカル工務店でも、上手くいけばこれを読むあなたの願いに寄り添う目からウロコの家づくりをスパっと実行してくれるハウスマイスター、などという幸運も皆無ではありません。
資料請求の利用時、プロのパートナーになってくれるメーカー担当者を自分の好みで指名することは出来ないのが不安なところ。資料請求の申し込みに合わせて申込者の担当が決められる場合がほとんどだからです。
家づくりを始めようとする人の中で時折自主考案の間取りを頭の中に持っている人もいるのですが、それで業者に頼んでみて反映させられる間取りなのか予算の限度を超えていないかなど不安要素も拭いきれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました