家づくりの初期段階でネットの一括資料請求に頼らない場合…。

ムダに出来ない時間の中で手際よく夢のマイホーム計画をこなすためにも、元手ゼロでメーカー提供カタログを糧にすることは、現代では当たり前ともいえる手段と言えるのです。
わざわざ書店で住宅マガジンを買い求めて情報を仕入れるまでしなくても、各社の個性がキラリ輝くカタログには水回りや収納など各ポイントのフレッシュで目新しい情報が各部が写った写真と分かりやすい解説付きでアナウンスされています。
家づくりの初期段階でネットの一括資料請求に頼らない場合、メーカーごとの展示施設へ直行、あるいはメーカー公式のホームページを訪問した上で資料を求めるかです。
多くの場合資料請求する時の方法は、各社の住宅展示場に直接行って担当者に申し出る他にも各会社の公式サイトや、資料請求が一括して行えるサイトを手段に用いる方法などがあります。
比較的利用者が多い「スーモ」もライフルホームズと並んで価格帯や間取りのサンプルケース、住宅性能、デザインの好みなどで対象に含めたいハウスメーカーを選りすぐって素早く検索出来るコンテンツが用意されています。

しかしユーザーの期待の裏で、各住宅会社のカタログを眺めても、具体的な購入費用や1坪区切りの価格といった部分にはほとんど記載がないところもよく見かけます。
請求者情報の特記事項などの入力欄に「電話または訪問による直接の営業行為は現時点では不要ですのでお控えください。」と明記しておくと、きちんと考えてくれる会社は要望を汲んで資料だけを送るにとどめてくれるのです。
どうしようもなく入力すると、そのメーカーの電話セールスと自宅への訪問が来てしまう例も。統計で言えば、職人肌の工務店よりも営業に人手を割けるハウスメーカーの方がダイレクトセールスしてくる率が高くなります。
資料請求出来るシステムだけに留まらず、住宅メーカーや工事業者へ必要事項を相談するなども出来、ハウスメーカーのモデルハウスやより広々とした展示場の見学予約の連絡が出来るのが持ち家計画のセールスポイントです。
家の理想とする間取りや思い描くライフスタイルのイメージ、土地の参考情報が多いほど、より希望に近い首を縦に振れる間取りサンプルと見積りプランの提案を促すことにつながります。

面白そうな住宅ブランドのメーカーがサイトのリストに載っていたら、それ以外の有力候補も選択肢に入れて3社ほどアプローチすれば効率良く情報収集出来ます。
これだと思う条件を条件入力フォームで選択して検索ボタンをポチッ!と押せば1社ずつ詳細に得ることはもちろん可能ですが、せっかく便利なシステムがあるのですから請求可能なすべての会社をターゲットにドドーンと資料請求してみましょう。
曖昧な情報でも間取りや見積もりのプランは作ってもらえますが、情報量を超えられない精度にしか出来ないので理想通りの間取り図や見積りパターンの提案が出されない、消化不良な結果になります。
こういったケースでは、資料請求がウリのサイトのシステムでは施工対応可能な営業エリア内なのかどうか前もってチェックしておくことが出来ないためちょっとした注意が重要です。
電話や訪問でのアプローチを回避したい場合、「電話や訪問による営業はお断りします」と断りを入れてガードを固めて資料請求すれば、割合に望まない営業マンが来るケースはかなり少なく抑えることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました