資料請求チェックフォームの備考などを記入する欄に「資料送付以外のダイレクトセールスは今は必要ありませんのでお控え願います…。

気に入った好アピールのメーカーがサイトで見つからないケースでは、別途リサーチした会社の住宅展示場に乗り込んで間取りプランの策定や見積りなどの提案サポートを頼んでみるしかないでしょう。
エリアごとの人気メーカーランキングなどユーザー目線の機能も付いているため、ここも同じくこれまでに相談したいメーカーの見分けがついていないなどでお困りのユーザーに役立つ家づくりの有能な助っ人です。
資料請求チェックフォームの備考などを記入する欄に「資料送付以外のダイレクトセールスは今は必要ありませんのでお控え願います。」と書いて申し込むと、ほとんどの業者は強引な営業を避けて資料だけをきちんと送ってくれます。
とは言え、サイトから資料請求した人の中には、資料元の営業担当スタッフから自宅や携帯への電話や直接訪問の直接的なセールスを受けたという体験談もサイトユーザーのスレッドなどで愚痴っていたりするものです。
各種PR用パンフレットやより詳しい資料には完成前後の現場写真や販売・施工企業の特色が所狭しと並べられ、各社ブランドの完成時のイメージや大雑把なメリット・デメリットを把握出来るようになっています、

資料請求サイトを利用して情報を集める利点は、スタッフ常駐の展示場へ顔を出した時のような現地メーカーの営業トーク達人からの営業攻勢の矢面に立たずに回避可能な点です。
ハウスメーカーの公式カタログには、タダで開示するのは勿体ないほど、家づくりが楽しくなる情報や過去の事例が余すところなく載せられています。
そしてもう一つ、サイトでもらえる仮サービスの間取りプランや見積りは正確性は保証されないため、その後直接各業者で打ち合わせをして確実なものに仕上げなくてはなりません。
期待に胸膨らませながら眼鏡にかなうハウスメーカーめがけて資料請求の申し込みをしても、期待を裏切るかの如く申し訳なさそうな担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」などと連絡が来る事例も時々あります。
ハガキを直接送ったりFAXを使っても各メーカーのカタログを請求することが可能なので、余った時間でカタログを請求して情報収集すれば、手際よく使える情報をコレクションできます。

カタログやパンフレットだけを送って済ませる会社がある一方、間取りに関する参考資料や施工事例に関する資料、家づくりのいろはが分かる小冊子のような小冊子もセットに含める良心的なメーカーも少なくありません。
しかしユーザーの期待の裏で、どの住宅会社のカタログも、実ははっきりとした費用コストや1坪ごとの単価といったコスト面にはほとんど紹介されない場合もよく見かけます。
資料請求のためのコンテンツの他にも、各メーカー工事会社へ直接相談するサービスもあり、メーカーで展示しているモデルハウスやモデルハウスが多数集まる展示場の見学予約の連絡が出来るシステムも用意されています。
家づくり開始の段階で一括資料請求があるサイトを使わない場合、各メーカーが運営している展示場へ直行、あるいはメーカーのホームページを訪れた上で資料を求めるかです。
特に印象が良かった住宅メーカーがあったり、楽しめそうなユーザー向けのイベントや実際の家のイメージが欲しい建物サンプル、集中的にチェックしたいメーカーの展示場があるという方に非常に役立つコンテンツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました