ホームズ・スーモあたりと比較すると情報掲載されているハウスベンダーの数こそ少なめですが…。

こういったケースでは、一括資料請求サービスのサイトのコンテンツでは施工体制がある営業エリアなのかどうか請求に先立って知っておくのは不可能なので頭に入れておくことが重要。
いくらかのデザインの方向性や間取りのパーティションパターン、各種設備などなど目からウロコのアイデアの大盤振る舞いといった観点からも、メーカーカタログの利益は絶大です。
候補に挙がる出色のメーカーがサイトに掲載されていないといった際は、各社の住宅展示場のスタッフに間取りや見積りといった判断材料を願い出るしかないでしょう。
具体的ではない情報でも間取りや見積もりの参考は要求可能ですが、情報なりの完成度にしかならないので、理想通りの間取り提案や見積りパターンが出来ないといった、消化不良な結果になります。
ホームズ・スーモあたりと比較すると情報掲載されているハウスベンダーの数こそ少なめですが、それら2サイトが扱っていないブランドや手広く展開していない中小施工業者などを草の根的に掲載しています。

とりわけ印象がよかったメーカーがあったり、雰囲気を体験したい体験会や見学してみたい物件、展示場などが見当ついている方にとても便利な穴場サイトです。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの作成や費用見積もりの作成をウリにする一方、他の一括資料請求サイトと比べると掲載メーカー酢で見ると一歩譲るのは致し方ありません。
パンフレットやより詳しい資料には参考写真やその会社の強みが紹介されており、各ブランドの完成時のイメージやかいつまんだ特徴を把握することが出来ます。
これは家づくりの実情が関係しており、バリエーションが多種多様な敷地の状況や延べ床面積、付帯設備の種類や間取りの取り方で坪単価が大きく左右されるため、コストについてはカタログの情報だけでは、分からないものです。
請求者に送られる説明資料の中で目立って目を通すべきものが、過去の受注ケースでその住宅販売会社が作り上げた家を把握出来る施工サンプルの事例集です。

家づくりでネットの一括資料請求に頼らない場合は、各メーカーの展示場へ直行、あるいはメーカー公式ページを見て資料を求めるかの2択になります。
郵送で送られてくる資料で多い内容は、会社全体のPRを目的とする紹介用カタログや要点だけをかいつまんだ家の紹介が書かれている自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのサンプルや施工事例紹介などの4つが多く含まれます。
どちらの方法にせよ手間を要するのに加え、選択肢を絞り込む段階にもかかわらずセールス電話や自宅訪問などの肉薄営業で困惑するハメになってしまうことも日常茶飯事です。
サイトの申し込み画面のその他参考事項の入力欄に「電話や対面によるダイレクトセールスは現時点では不要ですのでお控えください。」と明記しておけば、ユーザーに寄り添ってくれるメーカー資料請求担当者は無理な営業をせずに資料だけを送ってくれるものです。
パンフレットやカタログだけを送って済ませる会社がある一方、間取りプランの参考資料集や施工事例に関する資料、家づくりのノウハウが分かるハウツー的な冊子などをパッケージに入れてくれる親切な会社も見かけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました