頼もしい一括資料請求サイトの印象とはうらはらに…。

頼もしい一括資料請求サイトの印象とはうらはらに、ネット掲示板などの利用者レビューで突然の電話や訪問営業されたという報告も多数あり、本当に大丈夫なのかよく分からないという人も少なくないのが現状です。
大手のHOME’SやSUUMOより取り扱うハウスブランドのバリエーションは大きく水をあけられていますが、そのふたつには登録されていないブランドや地域に根差して営業している中小施工業者などを小規模サイトならではの視点で掲載しています。
今回はそうした人の不安を解消するため、資料請求や一括見積りシステムがあるサイトの落とし穴や後悔しなくて済む活かし方を伝授するのでしっかり覚えてくださいね。
住宅雑誌付属のカタログ請求用のハガキを使うのも効果的。住宅専門紙に用意されるハガキは、家づくりのヒントとなるテーマを軸に各メーカーにまとめてハウスカタログを依頼することも出来るようになっています。
情報収集の手始めは、各住宅メーカーや施工会社などの宣伝資料などをネットである程度集めてから展示場など直接交渉の場に行けば、、情報の下地があるぶんスムーズに交渉を進められる利点があるのでおすすめのテクニックです。

印象に残る会社がサイト上で見つからない時は、各社の展示場に行って間取りプランの提示や見積りなどの提案サポートを相談するという方法もあります。
憧れのマイホームの検討に入った後は覚悟を決めて多すぎるくらいの数の登録企業の細大漏らさずかき集めて家づくりの匠探しにうっかりミスをやらかさにように忘れずにチェックしましょう。
カタログやパンフレットの類を送ってくるところがある一方、間取りの参考プラン集や施工物件の参考事例、家づくりのコツが分かるマニュアルっぽいミニブックをパッケージングしてくれる業者もよく見かけます。
とりわけ印象がよかったブランドメーカーがあったり、楽しめそうなオリジナルイベントやより実物に近いイメージが欲しいレプリカハウス、一度に多くの家を見たい展示場が決っている方には役立つ資料請求サイトです。
そしてもう一つ、サイトで依頼した間取りプランのサンプルや見積り費用が内容が保証されるわけではないので、その後直接各会社でヒアリングを受けながら確実なものに仕上げる必要があります。

ところが失敗例もあり、サイトから資料請求した人の中には、請求先の担当者から家への電話セールスや自宅訪問などの望んでいない直接営業を受けたという体験を語る人もユーザー掲示板などで書くこともあります。
曖昧な情報でも間取りや見積もりの提案は申し込めますが、材料の質と量にふさわしい完成度になるのが相場なので期待通りの間取り図の提案や費用見積もりが出てきにくい結果になります。
メーカーの住宅展示場へ行ってみても初めに接客した担当者で決定されやすいことが一般的に行われていますが、そうした場合でも後から要望を出すことで担当者を配置替えしてもらうリニューアル策も可能です。
地域別の評価が高いメーカーランキングなどのシステムもあるので、ライフルホームズと同じくまだメーカーの選定が出来ていないという利用者に親切な人気サイトです。
一般的には、依頼候補のハウスメーカーを3社程度選び出して間取りの図面化、そして見積りという進め方が多く、中盤過ぎに具体的にはじき出された費用を見るということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました