一括資料請求サイト上で資料請求した後は…。

おおよその見積りも教えてもらえるので、大体の範囲の資金プランや間取りプランを参考にしながら丁寧に検討したい方、今持っている土地にピッカピカの新築を建てる計画を企てている方に救世主的なサイトです。
一括資料請求サイト上で資料請求した後は、ハウスメーカーごとの営業担当スタッフから資料が郵送されるのですが、この時送られる資料の中身は担当者の個性が出ます。
WEBを利用して情報探しも出来ることは出来ますが、あまりにも多すぎる情報量から、信用するに足る情報がチンプンカンプン、などということがあちこちで起こり得るのです。
眼鏡にかなう本命メーカーがサイトに載っていないといったケースでは、メーカーごとの住宅展示場に足を運んで間取りプランや見積りといった情報提供を要求するという方法があります。
家づくりを始める時、8割もの人が住宅メーカーのカタログをメーカー探しのヒントにしているデータもあり、カタログを見る方法はもはや必須であると言えます。

カタログやパンフレットだけを送ってくる担当者もいれば、間取りのサンプルや施工事例のサンプル、家づくりのノウハウが分かるマニュアルっぽいミニブックも一緒に送ってくれる親切なメーカーも少なくありません。
郵送で提供されるPR資料のうち他を圧倒して参考にすべきなのは、過去実際にそのハウスメーカーが建ててGoogleマップに出現させた家を確認出来る施工物件の事例集です。
経験豊富なプロに間取り図作りを頼むと動線やゆったりした収納の確保など、暮らしを良く知るプロの視点で住みよい間取りの提案を見せられ、さらに確かな間取り図が姿を現します。
展示場へ行くにしろ公式HPへ行くにしろ時間も労力もかかる他、ただの検討段階であることも関係なく家への電話や住所訪問といったアグレッシブなセールス行為に惑わされてしまうのがデメリットになります。
ホームズ・スーモあたりと比較すると取り扱う住宅ブランドの種類こそ少なめですが、それら2サイトが扱っていない隠れた優良企業やローカルの小規模工務店などを草の根的に掲載しています。

請求者情報の備考欄・その他の欄に「電話や訪問による直接的な営業はお断りします。」と明記しておけば、良心のあるメーカー担当者は希望通り資料だけを遠慮がちに送ってくれます。
計画の最初ステップでは、各ハウスメーカーや建築会社などのPR用資料を自宅で集めておいてから直接交渉の場に行くと、予備情報があるぶんスムーズに相談を進められるようになるため覚えておきたいお得ワザです。
あらゆるルートからメーカー資料を入手出来れば、見逃しの少ない視野で家づくりのポイントを掴む良い経験につながるので、予算をむざむざドブに捨てる悲劇を生む確率は低くなります。
こうした具合にうわべのインフォメーションのみでは見逃しやすい実情を推察できるところも資料請求を行う動機の一つと言えるのです。
土地の図面は任意提供ですが、土地の条件で玄関や窓の向き、各部屋の配置が変わるため、所有済みの土地や売買予定の土地がある方はその土地の情報も添えて依頼するのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました