資料請求者情報フォームの備考欄・その他の欄に「電話をかけてきたり自宅に訪問してきたりといったダイレクトな営業はお断りします…。

手間をかけてハートを撃ち抜かれそうなハウスメーカーめがけて資料請求を申し込んでも、その後非情にもその会社の担当者から「御希望のエリアは当社の対応外です」などと断られる可能性があるのが現実。
YahooやGoogleなどのインターネットは、一定以上に家づくりのマメ知識を仕入れてから使えば有効な手段なのですが、目的が曖昧なままでは役にたたないキー操作の手間と家づくり計画の時間の一部を浪費するだけに終わります。
もう一つの留意点は、サイトで依頼した間取りサンプルや予想見積りが保証されるものではなく、その後に各住宅会社で担当者と打ち合わせて確実なものに煮詰めていく必要があります。
知名度が高いハウスメーカーの情報掲載も枠が確保されていますが、際立つポイントとしては各エリアの施工業者にもスポットを当てている一括資料請求サイトの大穴的な存在といった雰囲気です。
そうした方のために、一括資料請求サイトのそれぞれのアピールポイントやどんな家づくりをお考えの方に好相性と言えるのか、他メーカーのサイトとは異なるメリットなども交えてしっかり説明していきます。

中小工務店の情報も欲しいといった場合には、一括資料請求のみではなくそれぞれの会社のホームページで直接資料を請求するなどピンポイントで工夫することが必要です。
さらに各一括資料請求サイトの掲載メーカーの中には、利用者が求めるエリアで施工出来ない住宅メーカーや施工業者にもかかわらず検索結果一覧に潜り込んでいる業者もあります。
家づくりを検討する人は住みたい間取りを持っている人も散見されますが、現実問題投影可能な間取りなのか、予算を超えてしまわないかなど疑問点も多いものです。
しかしやはり、計画の芽が若いうちに気軽に情報集め出来るベースキャンプとして使うくらいには充分に使えるので、過度に期待はせず作成申し込みすればOKです。
付属ハガキやFAXから各社のカタログは請求することは可能なので、時間の余裕を見てカタログを請求しておいて情報収集すれば、スピーディーに使える情報を集められます。

資料請求者情報フォームの備考欄・その他の欄に「電話をかけてきたり自宅に訪問してきたりといったダイレクトな営業はお断りします。」と明記しておくと、ほとんどの企業は希望通り資料だけを送付してくれるものです。
頼もしい一括資料請求サイトなのですが、レビューサイトなどの利用体験談で電話による営業や突然の自宅訪問を受けたという事例が多く、本当に大丈夫なのか気がかりな人も決して少なくありません。
家に届く資料でよく見るパターンは、会社に関する説明が書かれた宣伝用カタログや要約された家の特徴を分かりやすくする所有ブランド宣伝用のパンフレット、間取りのイメージサンプルや施工物件紹介などの4つが主に使われます。
なんとなくの情報でも間取りや見積もりは依頼出来ますが、それなりの完成度にしか出来ないので納得のいく間取りパターンや費用見積もりが出されにくいといった、不十分な結果に終わってしまいます。
資料請求の際、プロの頼れるパートナーになってくれる自分の担当者を好きに選ぶことは出来ないが不安ですよね。資料請求を申し込んだ時に請求者を担当するスタッフが決まるのが一般的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました